リキッド式電子タバコの使い方

近年、禁煙、分煙を推..

近年、禁煙、分煙を推進する風潮が高まっています。その中で、禁煙を助けるグッズも増えており、その一つにリキッド式電子タバコがあります。リキッド式電子タバコとは、様々なフレーバーの付いた液体を加熱し、その蒸気を吸う構造になっています。さて、まずその構造ですが、加熱するバッテリー、リキッドを入れるアトマイザーの二つが組み合わさって出来ています。使い方としては、アトマイザーの中に液体を入れます。その際の注意点として、中心の穴に入れないことがポイントです。そして、液体を入れてから、5分から10分程、アトマイザーの中にあるコイルに染み込ませることが重要です。この作業を行わないと、空焚き状態になってしまうので注意が必要です。さて、肝心の味ですが、タバコに似せた味はもちろん、フルーツの味やジュースの味など、様々楽しむことができます。

禁煙にはリキッド式電子タバコを

成人後に嗜みとして喫煙を始める人がいます。タバコを吸うことで溜まったストレスを発散することができるので気分転換になります。しかし、タバコに含まれる成分は体にいい物ではなく、大量の喫煙や長期に及ぶ喫煙をしていると体が不調をきたします。そのため、禁煙しようと考えるようになります。しかし、タバコは依存性が高く止めようと思っていてもそう簡単に止めることはできません。喫煙者の禁煙を補助する物の一つが電子タバコです。その中のリキッド式電子タバコは中に入れるリキッドを変えることで自分好みの味を楽しめると言う物です。有害な成分は使われていないため未成年でも使用することができます。リキッドの種類も普通のタバコと似たような味からリンゴなどの子供向けの味まで大変豊富で飽きることもありません。禁煙に取り組んでいる人はこれを役立てましょう。

リキッド式電子タバコとは

日本ではまだあまりなじみのない電子タバコですが、アメリカを中心とした海外では、毎日新しい製品が発売され、従来の煙草に代わる嗜好品としてブームになっています。電子タバコの最大の特徴は、煙草の葉を使用していないことです。グリセリンなどに代表される食品添加物と、香料を混ぜたリキッドを呼ばれる液体をバッテリーで加熱し、水蒸気(煙)の状態になったものを吸引します。海外ではニコチンを使用したリキッドが従来の煙草に代わって人気ですが、日本ではニコチンを含んだ製品の販売は許可されていません。その為、禁煙をする際の煙草の代替品としても、使用されています。煙草の悪臭やヤニがないため健康的であり、男性に限らず女性にも人気です。種類は、カラーや電圧の調整、煙の色、味や香りなど各社様々です。値段も二千円から一万円台位までと、機能によって幅があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comments (*)

Name (*)

Your full name please.

Email address (*)

Used for gravatar.

Website

Link back if you want.